新作のご案内

そごう徳島店 第46回 歳末チャリティー 出品

●会期  12月20日《水》21日《木》
●会場  そごう徳島店

 

夜桜の花     SM

隅田川の両岸に咲く豪華絢爛な様子を屋形船から見た景色。

 

 

薔薇の花   F4

白夜の夜に薔薇の香りがする瞬間を表現しました。

 

 

赤富士       F4        

山中湖から眺めた早朝にのぼる朝日の瞬間

 

 

2017年12月9日

新作のご案内

第50回記念  欧美国際公募  スペイン美術賞展 出品

●開催地      スペイン アストゥリアス州   アストゥリアス県   ヒホン市

●展覧会期間     2018年5月28日(月)〜6月10日(日)予定です。

 

●作品名      富士山と江戸時代の庶民の暮らし F30

 

この度は、世界遺産に登録されている富士山と、江戸時代の庶民の暮らしをテーマに描きました。江戸時代前期の文化は、歌舞伎と屋台の文化が中心となっています。季節性を感じさせず、桜と花火を表現してみました。橋の上には侍や商人が行き交う様子。江戸時代の特筆する 屋台は、江戸時代の初期から牛めしの屋台があったようです。又、屋台の前では庶民が食事を楽しんでいる様子や、屋台街を行き交う人々が生き生きと楽しそうに賑わっている場面を。左下には、鰻屋が店頭でうなぎを焼いているところを侍が待っている姿を細かく描写いたしました。    乾徹

 

2017年11月22日

新作のご案内

第50回記念   スペイン美術賞展   出品

第50回記念   スペイン美術賞展   出品の新作を製作しています。

12月1日の締切に向けて毎日アトリエで描いています。今回も乾徹の世界『富士山と江戸時代の庶民の暮らし F30号』10作目のシリーズとなります。楽しそうな庶民の暮らしを描いていきます。出来上がるとスペインに旅立ちます。

 

2017年11月7日

第13回国際公募世界絵画大賞展2017 入選

第13回国際公募世界絵画大賞展2017入選

 

この度、『富士山と江戸時代の街並み』F30が、第13回国際公募世界絵画大賞展に入選したため、その授与式に東京都美術館に行って来ました。

会期 2017年8月14日(月)〜8月20日(日)

会場 東京都美術館

 

8月18日(金)の授賞式の様子です。

 

 

 

 

 

入選作       『富士山と江戸時代の街並み』F30

富士山と江戸時代がテーマの乾徹の世界。今回の作品は富士山と江戸時代の街並みで構図は橋をやめて、富士山と楽しい街並みを中心に、天ノ川と徳島の阿波踊りをモチーフに表現してみました。佐々木豊先生から、富士山と江戸時代の庶民の生活を確立するようギャラリートークで話されました。

 

 

 

 

 

 

今回、特別展示コーナーに『黄昏の銀座』F30が展示されました。

佐々木豊先生のコメント   銀座4丁目から東京駅に向かっている黄昏時のオレンジイエローの使い方が 綺麗で、大正3年に走っていた6人乗りのバスとSLが走っている構図が斬新で面白い。

 

 

2017年8月27日

新作のご案内

浜辺のくつろぎ   F4

ヘレンドの花瓶にゴージャスなバラの花が、今にも飛び出して来そうな色彩です。ガラスの向こう側には、夕焼けに染まった景色が見え、ヨットやクルーザーが走っている様子。又花瓶の左右には、香水瓶とオイルランプがノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。玄関やリビングに。

2017年7月2日
10808